モットンと雲のやすらぎを比較分析してみました

モットン 雲のやすらぎ 比較

モットンと雲のやすらぎを比較してみる

 腰痛に効く高反発マットレスという点でよく比較されるモットンと雲のやすらぎはどういう違いがあるのか?を細かい点から比較分析してみました。

 

モットンと雲のやすらぎの比較1.知名度について

 モットンと雲のやすらぎは共にネット通販のみですので一般的な寝具よりはどうしても知名度は低くなってしまいますが、両社を比較してみると、モットンはTVCM等はありませんが、元プロ野球の山本昌さんを広告塔にしており、また、雑誌などのメディアには多数掲載されています。そしてTVや著書がランキング上位に入っている柔道整復師の小林敬和先生がお勧めしています。これと比較して雲のやすらぎはというと、TVCM等は無いようですが、地方のTV番組で何度か紹介されたり、新聞や雑誌に取り上げられたりしています。また、モットンと違い、雲のやすらぎは有名人を広告塔に使っていません。

 

モットンと雲のやすらぎの比較2.価格について

 購入を検討している人の最も注目するポイント、価格という点からモットンと雲のやすらぎを比較してみましょう。
 まずモットンですが、現在2万円OFFのキャンペーン中につき、シングルサイズで39,800円、セミダブルで49,800円、ダブルで59,800円の3種類のみです。反発力の基準でもあるN(ニュートン)は100N、140N、170Nと3種類あり、その人の体重に合わせて選べるようになっていますが、Nで価格は変わりません。この価格はマットレスの他商品と比較しても比較的リーズナブルです。
 次に雲のやすらぎですが、こちらも現在キャンペーン中につき、シングルサイズで39,800円、セミダブルで49,800円、ダブルで59,800円の3種類で、モットンと比較しても全く同じ価格です。また、雲のやすらぎはモットンのように硬さは選べません。また、モットンも雲のやすらぎもネット通販のみで実店舗には置いていません。販売店や直営店舗を持たずにコストカットすることでこの低価格をキープしているのでしょう。

 

モットンと雲のやすらぎの比較3.マットレス素材

 価格は全く同じであった両社のマットレスですが、ではその素材を比較するとどうでしょうか?
 モットンの素材は、NASAが宇宙飛行士の為に開発したというウレタンフォームです。このウレタンフォームは反発力が非常に高いものです。人間は日常生活の中で腰にかなりの負担をかけており、この筋肉の疲労が腰痛につながるのですが、睡眠中に寝返りをうつことによって、この筋肉の疲労を解消できるそうなのです。そこでモットンはこのウレタンフォームの反発力で寝返りをスムーズにうてるようサポートしようと考えました。比較的反発力が弱く、体が沈んでしまうマットだと体の姿勢も歪み、寝返りにも余計な力が必要になって疲労が取れない、つまりは腰痛解消につながらなくなってしまいます。体がマットに沈み込まないように体圧分散するのが重要なのです。また、モットンのマットレスの厚さは約10センチとなっています。
 それと比較して雲のやすらぎの素材は、「新クロスクラウド製法」というもので、内部は3層構造になっています。中心には雲の安らぎ独自開発の高反発のウレタンマットがあり、そのウレタンマットを上下から凹凸アルファマットで挟み込んであります。この構造により体圧分散が可能となっているのです。また、凹凸アルファマットの外側を、一方は秋冬用にロレーヌダウンというフランス産の羊毛、もう一方を春夏用にマイティトップUという帝人ファイバー株式会社が開発した中綿素材で挟んであり、合計5層の構造になっています。つまり、雲のやすらぎは季節に応じて裏表の使い分けができるのです。そしてマットレスの厚さは約17センチもあります。モットンと比較してその差は7センチです。が、口コミによく見かけるのが“雲のやすらぎは重量がかなりあって、かさばるし、干すのが大変”というコメントです。

 

モットンと雲のやすらぎの比較4.耐久性について

 では耐久性についてもモットンと雲のやすらぎを比較してみましょう。
 一般的にマットレスの耐久性は25dあれば10年持つと言われているそうですが、この点モットンは密度を30dと明記しており、お手入れをすれば10年持つと公式サイトでも明記しています。お手入れは、1週間に1度日陰に干して風を通す事と、2週間に1度表裏を変える事だけです。モットンのウレタンフォームは通気性を良くするよう泡を大きくするなど工夫してあり、比較的通気性に優れ、ダニや害虫、ホコリなどのハウスダストも発生しにくいそうです。
 一方雲のやすらぎの耐久性は35dと明記されています。お手入れ方法はやはりモットンとほぼ同じで、日陰に干して風を通し、2週間に1度は表裏を変えればいいそうです。また、こちらも比較的通気性に優れ、ダニや害虫が発生しにくいそうです。ただ、何年持つか、という事には言及していません。雲のやすらぎは口コミなどでは体が包み込まれるようなまさに「雲のやすらぎ」のような寝心地だとよくありますので、よく「硬い」と口コミのあるモットンと比較すると柔らかいのではないかと思いますので、雲のやすらぎの方がへたりやすいのでは?と考えてしまいます。

 

 

モットンと雲のやすらぎの比較5.返金保証やアフターサービスについて


 両社ともネット通販のみという点からも手厚くしてほしいのが、アフターサービスです。両社を比較してみましょう。
 まずモットンはキャンペーン中で90日間の返金保証がついています。これはモットン到着後90日間試してみて気に入らなければ2週間以内に手続きをすれば返金が保証される、というものです。また、180日間のメールサポートもついています。
 これと比較して雲のやすらぎもキャンペーン中で100日間返金保証を実施しています。どんな商品も合う合わないが必ずあるものなので、モットンの90日間や雲のやすらぎの100日間寝て試してから返金対応してもらえるのは心強いですね。

 

モットンと雲のやすらぎの比較6.製造国について

 最後にモットンと雲のやすらぎの製造国も比較しておきます。モットンは中国産で、雲のやすらぎは日本製だそうです。この点については日本製に勝るものは無いですね。